ライト+ビル2018:フランクフルトでの光の展示会

ホーム » ニュース » ライト+ビル2018:フランクフルトでの光の展示会
のニュース コメントはありません

ライト+ビル2018:フランクフルトでの光の展示会

2年ごと、ドイツのフランクフルトは世界の都市に変身:デザイナー、建築家やエンジニアはライト+ビル、照明技術の分野における最大の展示会をとります。主な方向性 - 照明、電気機器、エンジニアリング設計、ホーム、主ベクトルのためのインテリジェントシステム - 世界のエネルギー効率と快適。

今回の展覧会は、それらを予測し、横取りしようとし、将来のデザインと技術を指します。ライト+ビルディング - これはデジタル技術をデザインして発見された時点で、主催者は信じています。デザイナーのランプへの「スマート」電力使用から - - 照明、電気機器と自動化の分野での今年の革新的な製品は、世界中から2700社の出展です。訪問者数 - 210 000人、そしてドイツ国外からのそれらのほぼ半分。

光TITIA、右 -   - ライト+ビル2018、左側のNEMOブースランプDAPHNEロベルト・パオリとはTUBESチャールズKalpakyanを燭台

光TITIA、右 - - ライト+ビル2018、左側のNEMOブースランプDAPHNEロベルト・パオリとはTUBESチャールズKalpakyanを燭台

伝統的に、イノベーションフェアの主要セクターの1 - 「照明」、他の2 - 「電気」と「ビルディングオートメーション」。LEDは、デザインの世界を回したと制限にもかかわらず、作成するためにデザイナーを有効にしています。この技術なしでライト+ビル2018工場の一部として提示されている新しい照明NEMOは、それは不可能だろうと想像します。シーリングランプTITIAは、プロジェクトArihiro三宅日本 - それは大きな細胞でグリッドを輝くツイストロールのようなものです。このことは、NEMO三宅ための第三のプロジェクトである - ランプケプラー、算術メビウスの帯の原理に従って作られた - 最初のモデルは、風の光、および第二ました。アマチュア簡潔フォーム、彼もそれは想像力を励起するように、通常のテープを有効にする方法を知っています。設計者は、イタリアのブランドは長い間夢見ていたで動作するようにすることを言います。今、彼は彼がアアルト大学を卒業ヘルシンキ、ミラノ、彼の仕事のプロジェクトの多くの間で引き裂かれています。彼の文章の中で彼は、両国のデザインの伝統を意味するが、彼の母国日本へすべて同じのほとんどは、彼の見解で主なものは、それがすべて360度に適用されるということです。ランプ三宅NEMOの工場に加えて、光DAPHNEロベルト・パオリを導入し、TUBESチャールズKalpakyanを燭台。

続きを読む:  日本人デザイナー吉岡徳仁は東京のギャラリーで虹を作っています

また、工場は技術的な照明システムLinescapesの開発を続けました。それはスポットライトとlinzovannayaモジュールを追加しました。

左 - 右AMBRAランプ、 -  EGO、ルーメンセンターイタリア

左 - 右AMBRAランプ、 - EGO、ルーメンセンターイタリア

備品GILLES、ルーメンセンターイタリア

備品GILLES、ルーメンセンターイタリア

照明器具の彼のコレクションは、イタリアのブランドルーメンセンターイタリアを発表しました。これは、何よりもまず、それぞれ1929年と1930年にジャックス・アドネットによって設計された2つのテーブルランプの新版です。どちらのランプ、QUADROとMJAは、新たに金めっきを受け、QUADROも白いカララ大理石のベースです。ミニマリズムのEGO、GILLESとAMBRAの下位の美学:また、ブランドは、設計VillaTosca内のオブジェクトの新しいコレクションを発表しました。EGO - 丸い角を有する幾何学的形状の壁ランプシリーズ - 銀または黒の陽極酸化アルミニウム、GILLES製のハウジング内に封入された光の細長い梁。非常にミニマリストと簡潔な、彼らは白く塗られています。ダウンライトのAMBRA全く異なるデザインでは:それは金色の真鍮の枝と透明ホウケイ酸ガラスの果実からのブドウの房のようなものです。

また、ブランドは、技術的な光LUUMのコレクションを発表し、すでにある被験者は、ミラノの絵画館アンブロジアーナでカラヴァッジョの傑作を点灯します。この光は、均一の広いスペクトルを有し、かつ、過去の自分の傑作を書いている自然光をシミュレートします。これは特に、美術館やギャラリーのために設計されました。

ライト+ビル2018でノビル・イタリアSpAのスタンドライト+ビル2018でノビル・イタリアSpAのスタンドライト+ビル2018でノビル・イタリアSpAのスタンド

ライト+ビル2018でノビル・イタリアSpAのスタンド。

公共空間で洗練された光 - そのような計画の不可欠な部分として。オフィスの照明、店舗、学校などの公共機関のための興味深いソリューション - モジュラー照明器具Solo32ブランドノビレイタリアSpAのは、光の無限に長いストリップを作成することができます。組成物およびラインは2816ミリメートルと853ミリメートルから、異なる長さのモジュールから形成されました。このランプができるだけでなく、天井の内側に配置する補助アクセサリーの助けを借りて。これは通常の天井ランプのような天井からハングアップすることができ、壁に組み込むことができます - 唯一の3つの取り付けオプション。特別に設計された光学システムは、光さえも、作業環境のために非常に重要である画面のたくさんの部屋で快適に維持することができます。そして、まだ最も興味深い機能Solo32の1 - 光の強さと人間の概日リズムの暖かさを調整する可能性。

続きを読む:  クロスビー・スタジオデザイナーは家具のライラックを作りました

照明は、HCL(ヒューマンセントリック照明)の概念を具現化、展覧会は、いくつかの企業を発表しました。このようなランプは、日中の太陽光を模倣します。生産的な仕事のために必要である - 朝に、彼らは活性化しますと集中を改善クールな青い光を与えます。日中、光は暖かく、穏やかでリラックスになり、徐々にベッドの準備につながります。病院、学校、さらには店で、例えば、オフィスや家庭でできるだけでなく、このような照明を使用するだけでなく、:光は、より良い手でアイテムを表示し、顧客に影響を与えるもう一つのツールになることができます。

ランプポンサイモン・ディーナー

ランプポンサイモン・ディーナー

光壁パネルNyublingフロリアンとダニエル・レアル

光壁パネルNyublingフロリアンとダニエル・レアル

フロアランプUNIC、スティーブLehota

フロアランプUNIC、スティーブLehota

ライト+ビルディングコストでも照明技術とデザインの分野での開発を発表新規参入、比較的若いデザイナーに見えます。だから、サイモン・ダイナー、芸術HFGカールスルーエの学校の生徒は、レトロをテーマに彼のバリエーションを提示しました。PONGぶら下がっランプでは、ランプ半ばXX世紀の美学に設計された、4メートルのケーブル、例えば、木の枝に巻かことができます。PONG自体がバッテリーで動作し、USB経由で充電されます。全くのワイヤを取り除くと、彼らに設計の対象にしないでください - それはディーナーを求めるものだが。次に、ベルリン、フロリアンとダニエルNyubling実からデザイナーデュオ、ガラスモザイクの形で知的照明システムを思い付きました。パネルの色及び光強度がモバイルアプリで設定することができる - モザイクキャンバスは、フルスクリーンになります。また、マルチタッチと声に応答します。スイスのデザイナースティーブLehota、最初の天井取付具又は壁ランプの代わりに使用することができるショー異常に高いUNICフロアランプ、で発表大学院技術学校ECAL、 - 光の強度および方向は、特別なスイッチによって調節されます。

続きを読む:  アルベルトTorselloが開発したミラーキッチンブランドAbimis

展覧会は、会社のARCHISTUDIOのプレゼンテーションで4月4日可能詳細については、こちらをご覧ください。専門家のブランド、会社の料金は、現在の傾向ライト+ビル2018や照明機器の新たな展開についてお話します。

カバーオン:ランプELLISSEフェデリコPalatstsari(NEMO)。


コメントを残します