カテゴリー: 建設

ホームカテゴリ別アーカイブ» :建設
ブラッケスト・ナイト:内部の神秘主義

人気を集めて神秘的なスタイルでインテリア。理由 - 「むかしむかし」シリーズやその他の新鮮なフィルム。主なもの - 何を恐れてはいけません。ブラック・黒のインテリア - それはあなたがウイジャ盤の内部に入るためのヒントが見つかります。この記事では単なるおとぎ話のデコレータだが、確かに暗いのと同じ、深い神秘的かつ多面のものを作成するためにあなたを刺激..

続きを読みます

小さなアパートでのストレージのためのヒント

内容:内蔵のリトラクタブルデザインストア小さなアパートにシステムを考案した天井の下のスペースを使用して、デザイナー自身の家具ラップ欠点が尊厳に平らに汎用性の高い家具を使用するかになる:添付し、あなたのアパートが小さい場所である場合には、ベッドの使用多機能家具の下のスペースを使用してハング - 家具を買います、これは無駄にそれを取ることはありません。だから、オットマンは素晴らしいです。..

続きを読みます

展示会・ウッドワークスからの木材製品の100クールな

モダンなデザインと5000の価値が木で作られた装飾美術品150万だけでなく、インテリアに新鮮なアイデアをたくさん - このすべてウッドワークス。Roombleは、展示会を訪問し、Krymskyヴァルのアーティストのセントラルハウスで春の最後の週末の彼の感想お伝えしたい第五モスクワ展示ウッドワークスが起こりました。ここでは設計局、大工仕事を関与しています..

続きを読みます

オフィスの机の新しいフォーマット:ハーブの中で

オープンエアで動作 - 何より良いかもしれません?!しかし、どのように大都市や小さな町でこれを達成するには?オフィスデスクパーソナル新鮮な空気:ニューヨークのデザイナーフリオRadescuは珍しいソリューションを提供しました。これは、ちなみに、彼はアイントホーフェンデザインアカデミーで学び、彼の論文でした。テーブルは、フリオを造語するのに十分な量の酸素を生成することができます..

続きを読みます

実用的なガラスエプロン:選択してインストールする方法

何エプロン、あなたは自分の理想のキッチンで見たいのですが?タイル、モザイク、天然石、または多分木?オプションはので、いくつかではなく、それらはすべて自分の利益であるが、我々は最高のエプロンと確信している - ガラス。のは、彼らがそうであるように存在しており、あなたがそれらを自分でインストールできるかどうかをどのように多くの、ガラスエプロンの利点が何であるかについてお話しましょう。Skinali ..

続きを読みます

ニジニ・ノヴゴロドで明るいデザイナーズマンション、57㎡

このマンションの所有者 - デザイナーの若い家族。その内部はとても美しく、素晴らしいです理由を説明します。そして、もっと重要なものだ - 修理の予算は最も控えめだった、そしてそれの多く、継承されたカップルに行ってきました。たとえば、新しい内部は完全に復元された食器棚や引き出しに合わせ、ならびに異なる時代からのコースターのコレクション。機知に富んだ、それを破りました。..

続きを読みます

火で焼く:25の赤いものを当店から

内部の赤い色は、常に注目を集めているので、あなたは彼と一緒に注意する必要があります。「赤と白::色の組み合わせ例35、」私たちはあなたのためにあなたは赤が調和見えたようにする方法を理解するのに役立ちます選択集めてきた。「15赤寝室」、「赤バス」を そして今、我々はなることができ、当店から25の最もスタイリッシュな赤いものを、発見しました。..

続きを読みます

スウェーデンの屋根の下で55㎡のコペイカピース

1928年にヨーテボリの小さな家はそう遠い昔のアパートの建物に変換したではないに構築しました。そのうちの一つは、傾斜した屋根の下に位置しており、明るい色と居心地の良いインテリアとその所有者を喜ばれます。カールソンは、確かに、そのような魅力的なロフトに住んでいることを拒否していないでしょう。サイトwww.planete-deco.fr https://kvartblog.ru/blog/dvushka-v-55-m-pod-kryshej-から写真..

続きを読みます

私たちはマスター:友人を分離する方法

クライアントと「彼ら」ウィザード - この世界はimplacablyと妥協する「私たち」に分けアパートを修復するための良いマスターを見つける方法。「彼らは」しばしば「私たち」の問題と高コストのシリーズ全体での変換にアピール。再び「彼ら」に参加しないようにするには、多くの人がすべての作業を自分で実行しよう。しかし、このアプローチはあまりにもあいまいです:することができます。..

続きを読みます